体温上昇には2(やっぱりこれとこれはまとめておく改・その後に頭が悪すぎるとか終わりとか言われたので)

地球環境システムの上で走る人間社会システムを安定的に制御する上での最大の懸念。

後発組のキャッチアップへ向けた開発独裁の敢行。それが為の地球環境への負荷。

 

怖いのは、常に近代化への意志、そしてその情熱。

 

もし、人類裏モードとして、他人種の集団に囲まれたエスニックが、頑張りすぎて体温が上昇し、たんぱく質欠乏が度々起こるなら、その消費量は増大の一途をたどらないかと言う懸念(※1)。

 

これを制御する為にも、危険な資源集中の芽を摘む意味で、個々人レベルでは、精神科へ収監する手口が存在しないかとさえ疑いたくなる。

 

西鋭夫の新説明治維新は、その為にもルーツから説明し直して解き解かねばならない誤解があるということだろうか?社会全体に無駄な開発投資を諦めさせる上でも。

 

西鋭夫の著作は、読むと、筋骨隆々の俺にして始めて公文書館を自由に漁れて、その俺にしてこれ。日本の学者では気づけない発見。どうよ。みたいな本なので。あぁ、これはある種、アメリカ人の凄さを伝える本だなぁ。みたいな(笑)。

 

 

 

何かの本によれば、人の一生は、意識的なるものと無意識的なるもの統合過程だという。環境適応は、まず身体から起こるだろうから、脳の下の階層や、右脳の制御下にあるものばかりだろう。そこから発見を左脳に摘み取っていく作業の繰り返しだ。

 

・・・書き忘れちゃいました。本当は、脳科学者の茂木健一郎の講義youtubeを見たので、精神分析の話で、言語の理想の話とつなげるつもりで、脳疲労で忘れちゃっただけです。頭がバラバラになっているとも言えない。勝手ながら言うと「ひらめきは行動の(後略)」ですが。それとその「人類裏モード」の発見には、左脳へのピックアップが起こるまでの時間が必要なんだ。その為にも人によっては富裕層でなければこれは持ちこたえられない程のストレスが海外渡航的なことを書くつもりだった。だから持ちこたえている人は、アメリカ人そのものじゃない?という冗談とか。そもそもそんな症状はアメリカ人に居ないだろうし。つまり結局はチクッと精神分析とか罵ってやるつもりでそのまま眠りこけた的な感じでした。

 

食べ物の消費量の変化も、その活動量や生活形態の変化ばかりでなく、そもそも地磁気に関係して何かあるかも知れない。近日その可能性の指摘のあるものを読んだので。

 

また、あの格子模様のチカチカを私や以前の参考文献とは異なる説明をしている図書も見つけましたが、まだ整理していないので、また今度。

 

 

 

※1  もしかして君は、子供の頃、満ち足りている平静時にチーズを食べた場合、一瞬、冷や汗のようなごく微弱な悪寒のようなものが頭皮の毛穴に走る体質じゃなかったか?

 

初対面でそれと似たような冷や汗が走る金髪碧眼で高身長の白人に遭遇したとしたら、もっと背の低い有色系の白人を探して話しかけるべきだと思うでしょう。あるいは、もしかしたら自分の顔が歪んでいても気にならないくらいの不細工に話しかけるべきだとか。

 

本当は、そう言う感覚に素直になるべきです。顔の歪みだとか、そう言うバランス関係は性ホルモンの量にも関係しているので、虐められっこは歪みやすいとか、そう言うのもある。人種差別とばかりも言ってられない。

 

※青で書き足した(笑)。

体温上昇と言う人類裏モードには牛肉が効果的

何でお前はかつてイタリアで精神が壊れた時のようにならないのか?

 

と思ってか思わずか知らないが、再現めいた実証テストの為なのか、旅行時の白人社会に放り込まれた時と同じストレスを与えようとしてだろうと思うのだけど、殺す、とか、消す、とか日常的に聴かせるのは、そろそろ止めてくれないのか?

 

分らない、だとか言うのもさ。絵だって色面ぽいイラスト程度とっくにほぼ解明してメドがついたので、どうでも良い。下手なのは描いてないから当たり前。もう昔と違うよ。

 

障碍者じゃないよ。医者が認めた上で言うけど。お前らの判断だけでは、障害者に出来ないよ。権限は、本人が承諾した上で医者が診断を書いて、それが東京都に通ったら。市役所や警察やその他が奨めるなんてことはあり得ない。全部、カルト教団の信者が法に触れない嫌がらせして、分らない、と言って来ることがあるだけ。

 

ここで俺はそれじゃ壊れないよ。例え白人が前にいても。障碍者じゃないから。

 

自分自身を振り返ると、当時、一番、頭が壊れた原因めいた主観的な理由は、かつて西欧文化などに憧れた時、周囲がだましていたのだな、と言う惨めな気持ちだ。中学生の頃の奴と、小学生の頃の奴と。教師ともども。カルチャーショックは辛いものだ、という以上の説明は無かったことが、衝撃だったことだ。誰も本当の仲間や友達じゃなかったという衝撃。

 

こんなに違うのに、これに日本全体を合わせる為に細かい事情は無視していて、俺など完全にまったく蚊帳の外、とはっきり言わなかったのだなぁ、と分って発狂していただけですよ。言ってもわからないから、連れて行って恥をかかせば懲りるだろう的な。そう言っていた周囲の雑言に従えばだけど。まぁ、まったくそんな外の世界なんて関係ない慎ましい人も居て、知らない人も当然何割かはいるだろうけど。

 

今は、そこから立ち直っているので、別に悩みはないし、あんまり煽っても壊れないですよ。壊れる気がしない。人は惨めだからって壊れる人と壊れない人がいます。それは確かだろ。悩む人と悩まない人が居る。

 

私は、恥の観念がすっ飛んで、割りとオープンでプライバシーに拘らなくなってしまったので、溜め込まない性格に変わってきた。変態を恥だと思わないくらいに世捨て人なので、怒れば、その場を去るだけだ。

 

よく、体温が高いと言われたりするし、ヨーロッパに行ってからカンレイ蕁麻疹みたいなのが出始めたので、まったく異なる人種の世界に放り込まれると、体温が上昇して、スパークし始めるなどの、隠された人類の裏モードがあるということかも知れません。当時、関西人は、あぁ、無理やった。違う猿ってばれた。と何回か私の脇で言っていたのを覚えている。冗談かも知れないが。私の認識世界を見て言っていたのかも知れない。関らないので知らない。私にしつこく野次を飛ばすのなら、当時の日本人を探して会えばいいでしょ?私は社会階層が違うので乗り気じゃない。会いたくもない。

 

もしかしたら、私の頭が壊れたのは、南半球と北半球の磁走性粘菌の向きが違うみたいなことかも知れず、それを飛び越えた為だとだとしたら、もう、ノウハウを掴みかかっているようなものだから、二度と壊れないと思う。また、人間をロボットにしてしまう技術の性だと言う線も、まだ残っているし。

 

とにかく、人間の精神は、謝ったりとか、考え方が素直になる、とか、そう言うことで治ったと言う証明にはならない。観念内容は関係ない。犯罪事件じゃないから。

 

私は、たんぱく質がたくさん必要な遺伝だと判明したので、牛肉を食べると精神が落ち着いて安定していると最近になって自覚した。野次を飛ばされても機嫌が良い時は、牛肉を食べた後です。トリプトファンよりも牛肉を食べると精神的な落ち込みが回復するだけの話だった。

 

私の精神科の治療薬をレア・ステーキかロースト・ビーフにして下さい。と言うかもう精神科はまったく必要ない。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ「殺す」と聴かせてくるが、軍隊と囁いていたお前が数時間前は「そろそろ訴える」だってよ(馬鹿じゃねぇの。お頭無いの?)

またガキが街路から、逆上したら全員消す、とか言ってまるで毒ガスでも使いた気だ。そう言ったかも知れないけどよく聴いてなかった。

 

何言っているのか分からないよ。まだ俺を”おぴゃぁ”とか言って自分で自分の頭叩きそうそうな奴だと思っているのか?

 

世界中どこにも逃げ場なんていないよ。ここでしつこく、一発で死ぬよ、とか数時間前も聴こえて来たけど。お前ら、なんで世の中がすべてフェアに出来ていると思い過ぎているんだろう?

 

俺はこんなチビばかりすげぇって社会は嫌いだ!!!こんなにチビが凄いなんてお前らがよっぽど卑怯だからだ!!!って人種が違えば、酒を飲んだ途端そうなるだけだろ。そんな管巻く人一回は見たことあるでしょ?

 

俺と朝鮮人風の奴との間でもそれはある。イタリア人から見れば、お前らは違いがないから文句言ってんじゃねぇ!となるのかも知れないが、俺は奴らの女との会話聞いていて、これに惚れたら俺は恥じかくだけなんだな、と思うことがあるよ。もっとも朝鮮人じゃないかもしれないけどね。カルト教団かもしれないし、まったく関係ないかもしれない。中国人かもしれないし。とにかく、あんまり日本文化を自慢しない体格自慢の中庸な奴だよ。

 

お前らは、もし爆弾が落ちたからって、その後、隣県へ逃げる努力とか、出来なくても、食料や寝る場所確保で忙しくて死ぬ直前まで頑張るだけだと思わないの?

 

殴られたら一発で死ぬと分っていても、なるべく綺麗に死のうとか、何かするだろ?

 

何で野次を返すの?おれが1975年以降、オリンピックで禁止薬物に指定されたドーピング薬物を投与している所だから、選手を応援している人達が気分悪いというんなら、今まで邪魔しなければ良かっただろう?なるべく隠れて運動したいのは山々だが、追い立てられることもあるし、ヘリもうるさいから、国交省の空き地へ行って見るだけだよ。お前らが邪魔するから、お前らと戦う日に備えて鍛えているだけだ。

 

精神科は要らないと言う俺をお前らが否定する限り、これは終わらない。もし、それを許さないというのなら、今まで25年間俺を生かしたお前らは、ただの馬鹿だ。子供のように判断力が無いアホだ。

 

(本当は、応援しているんだろう?この国の精神医療が誰も好きじゃないんだろう?)

 

昨今の従軍慰安婦の問題を見て思うことは、米軍が駐留しているこの国では、電磁波などの神経撹乱や超音波送信、また稀に毒ガス攻撃まで起こるのだから、風俗産業に近寄ったら、従軍慰安婦にされる危険まで考えないといけないということじゃないか?過去には、拉致だって米軍基地の近辺で起きている。

 

どう考えても、歌舞伎町で『アナルセックス」と言うオプション有りの看板を掲げたオジサンがずっと立っていたりした90年代末など、外国勢力に脅されていただけだろ。今は、歌舞伎町の裏を歩いていると、アジア人だけじゃないから。90年代末頃、当時もロシア人がいるなどと言っていたし、南米娼婦は居た。

 

何だろうな。それで俺を責めるのは絶対にこいつらがアホだからだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェミニストとも戦うがしかしこれは

近辺では、また子供が何か言ってきますが、子供は未熟なので良いですが、横で母親風が何か付け加えて言う時もあるようです。

 

しかし、もしかして、最近、世間を賑わしている近隣の狛江市長などの問題でフェミニストが嫌いな私を罵るなら、相手が違いますよ。記事を読んでいると、ピッタリ寄り付いたり触ったりしていながら、妄想みたいに言うのだから、私の受けている周辺の野次の妨害行為のやり方と似ているので、それは普通の技術じゃないので、軍隊に出動してもらうべきです。

 

もし本当に酷いなら、軍隊に制圧してもらうべきです。それくらいのマフィアみたいなのがいます。本当に音声送信や子供の野次が言うとおりそれがロシアであれば、戦えるのは軍隊しか無い。とっととゴム弾か麻酔弾じゃないとだめだ。

 

前に見たホログラフィーみたいなトカゲと言うのは、考えたらそれ自体が発光していたので、調度、眼を開けるのも辛い睡魔の中、ぼんやり視界の片隅に室内の映像が飛び込んだような状況に似て、夢の画像と現実の画像がミックスした白昼夢にも似た微弱信号の成せる技でしょう。それを私は93、4年頃も真夜中に見ているのだから、それはその程度の技術です。レーザーか何かのプラズマかも知れなくて、プラズマでホログラフィーできるか?なんて冗談は、昔、中学生の頃、聴いたような聴かないような曖昧な状況だ。全部本当だったのか、と思うが、これはいつも言っている黒い弾丸みたいな粒子線やコインが消えて現れる物質転送、また、視界の片隅に待ち人が突然現れる量子光学迷彩(?)。そう言うのよりは、素人でも驚きはしない。つまり、昼間では見えないのじゃない?昼間でも見えるのが起せるのもいるようだが、それが私は米軍や自衛隊だと考えている。夜中のホログラフィーや公然と今しがたの行為を忘却したかのように無視する侮蔑程度であれば、単なる犯罪組織かも知れない。近辺のカルト教団やヤクザを疑うべきだ。

 

ただ、90年代もホログラフィーのような人を見たとしきりに言っても、傍に居た人にさえ無視されたので、それが精神科に追い込む斥候かごく小さな号砲のような発砲音に相当する呼び水でした。

 

この手の犯罪は、堂々行なって公然と無視すると言うマフィアの手口とまったく同じだ。法律は白人の為にしか無いかのような嫌がらせに少し似ている。言葉が出ないほどもがくのを楽しんで笑いながら侮蔑して精神科送りに出来るという筋書きで、それくらいの憎悪が根底にあるのが白人至上主義者などだと感じ、かつ考えていますが、狛江市長の件は何だろう?

 

しかし、米国系カルトばかりいるのなら、カルト教団の周辺の派閥にしかビーフが率先的に供給されないだとか、何か優遇策でもあるのだろうか?

 

本当にマフィアならそれは米系では無く欧州系になるね。私としては、両方とも可能性あるかのように子供などが言ってくるから、判断がつかずに米軍だと一本やりで来たが、確証は無い。航空機の連動にかこつけて言っているが、誰かドローンでも飛ばしたか、過激なポルノを見る無線通信が増加した為だろうか?

 

 

 

おいおいそれはないんじゃないの?(末尾付け足し2回目)

朝方目覚めの直前、脳裏で話し声が聴こえ、いつもの通り眼が覚めたが、今度はフレンドリーで気弱に親切心をかもし出して信頼を得ようとしているような音声であった。

 

内容としては、自分が怒っているとき撹乱するかのように現れる女性の効果が性フェロモンによるものと考えていたうち、人の体質によっては、催淫剤のような成分が分泌されるか、食事を通して体内に多量にその様な成分を蓄積している可能性のある人がいると言うことであった。

 

知的レベルが低いのは、確証のない話になるが、その目覚めの直前の脳裏の声では、寄生ウィルスにより例えばエイズに感染していても発症せずにいるような稀有な遺伝の人の場合など、それでも頭が朦朧としてしまうのは避けられないと言う可能性について考慮してみよとの指摘だった。

 

では、ふしだらな女性と関係を持てば、頭が朦朧とするので、10年以上も、「殺す」だの「消す」だの言われている自分は、それで恐怖が無いのか?これは神経系の獲得質的なストレス耐性ではないと言うことか?そうであれば適当な女をいつも抱いているチンピラと同じではないか?との類推も成り立つ。

 

そう言うことで、朝方は、キチガイと言いながら誰かと会話している怖いおっさんに放言しておきました。「もう、耐えられない、殺すなら待ってるよ」的なことを言ったら、「そうなるしかないか」、と言っていたような気がします。

 

もちろん、説明不足な罵りに毎度のことかと過剰反応した可能性はありますが、どんぴしゃなら、それで済んだことです。

 

面と向かって説明せず物陰から脅すだけなら、意味が分かりません。

 

さっきも家に帰ってきて、卵焼きを焼いて失敗していたら、「アメリカでは解決しない話をいつまでも引きずる奴は撃つ決まりだ」と男性の声で音声送信があった。極々小さいもので耳鳴りよりも小さく蚊の鳴く音よりもはるかに小さい気配ですが。おいおい。それなら、俺も銃を持っていないとおかしいじゃないか?兄弟。乱射の出来ない社会だぜ。俺がヤル(JAL)って言って見ろ!

 

軍隊を見れば、それでも統合失調症にならずにお勤めしてるから関係ない的な音声送信もありましたよ。確証は無い話で妄念に過ぎないかも知れないが。俺ももう仕事したっていいんだよね。そっとしとけよ。資格取ったりしないと駄目だから。お前の下働きは嫌だ。

 

 

※それで書き足すけど、音声送信は、寄生ウィルスがセンサー縛り的に街路の野次が連動する効果に関係している可能性を囁いてきたのを忘れていた。近日、アメフラシRNA記憶説が再浮上して認められたニュースがあったし、DNAやRNAは螺旋状でアンテナ効果もその磁気特性に数え上げられるそうだ。機能的には極微弱な分子のコピーや結合に関係しているだけかも知れないが、オカルトネタで言うように寄生虫宇宙人説があるのなら、これもマイクロマシン的に幻聴を聴かせるものかも知れないと思いついた。もちろん、ウィルスはDNAによる複製を行なわないので無生物に近い、と習ったがその手の情報を読むとこれは事情が違った。そうであれば、本当に食事療法は効果があってもおかしくない。 そう言う可能性について本気で考えている人はいないだろうか?このまま行けば、その内、完全に聴こえなくなる様な話ぶりとして音声送信が聴かせて来たので、希望的ではあるが。9:43

 

 あぁ、忘れてた。音声送信では・・・何故か幻聴なのに音声送信と言わずにおれないディティールなのですが、実は70年代から分裂病(現:統合失調症)とエイズの件で世界と戦っているそうで、どっちも原因が同じで、エイズにならなくても統合失調症みたいになる人はいるそうですって本当かよ?とこれを書き足そうとしたら、それをばらそうとした人がかつて殺されそうになったとかエンドレス一言ずつ(笑)。そう言えば新宿の保健所でエイズ検査とかした時は、無事に陰性でしたが、実は日本(?)はアフリカ並みの感染率とか、ゴニョゴニョ脇で看護師同士で囁く人がいて、統合失調症だと思ってからかいやがってクソォ、と嫌な感じがしたことがありますよ。音声送信もその手のテンメンジャンとか言う奴に似たオッサンのノイズかもな(笑)。10:15

 

解放しろ。

例によって書いた後、数分後だけど補筆。新しいページで。

 

何でも逆にしたがる者との抗争なのだが、例えば、私が猛り狂っていると、90秒から250秒以内に・・・たいがいは120秒くらいか?(前に同じことを囁く人も予備校かそこらに居ましたが、そう言う学説があるのでしょう)白人と混血したかのような体型の大きい女性が近辺を通り過ぎます。混血していないかのような人の場合もあるが、たいがい若いの清潔な感じの。どうやら怒っている男性の周りを若い女性の生理臭や装具品の類の香りを漂わせて、目先を変えるか沈めようとする戦略が存在しているようです。

 

そんないたずら書きの文章も発狂してどこかへ持って行った過去があるから底を見られているかも知れないが、思い返せば、カルト教団は外国ポルノに興味を持つ人の周りを外国人風の女性で埋め尽くしたりして、色温度を上げると言われている。エスカレートするうちには、チビ男性の目と鼻の先に腰がチラつく距離と高さを狙って。そう言うイラストも前にpixivにupしましたが、結構、似ていると錯覚させるかも知れないので、消しました。芸能人イラストも描いていいと思っていたが、止めた。

 

いや、エロと怒りのチカチカは、だんだん、鼻血は出なくても、落ち着かなくなり、行動に訴えようとする。筋トレのうちの原因のいくらかはそれかも知れないと思われているのだろうが、本当に深刻に人格を阻害されているのだ。25年くらい。これは決死で殺し合いを覚悟していないと、本当に、こちらが知的障害者にされかねないくらい変な発狂をする技術があると確信している。私は、健常者だと医者が認めてくれたし、IQも普通だ。むしろ、直感力が高い人間だと言われた。その為に直感で行動する様な、思い立ったが吉日、のような行動を止める努力ばかり強いられた。精神科の神経遮断薬のせいで。これがなければ、人生でもっと実現していたものがいくつもあった。

 

もう、解放してもらいたい。この政治状況を説明してもらって結末を待ちたい。

 

こんなことは言いたく無いが、国はあきらめても良いが、自分をあきらめてはいけない。

 

最後に大事なのは自分。これをあきらめるのが、カルト教団の考える統合失調症だ。

 

自分だけはあきらめたら精神病。これが鉄則だ。これは国に従うことよりも死を選ぶ人が居る可能性は十分存在し、またそれが精神病じゃないことも十分にあり得ると言う意味だ。

 

 

 

 

こう言うルール

女にしつこくすると、どんな女でも調子に乗る。周囲の男は馬鹿にする。それがエスニックだと、どうやって金を脅し取るか?とか、どうやって社会から消すか?とかそんな相談が始まる勢いだ。もし、悪友に捕まるとだが。

 

その娘に他に好きな男がいるか、明確に好きな男のタイプがあるのに口説くかわいそうな人物には、この国では、結局、後々の人生で男性学をチラつかせる教授が現れたりするものだ。

 

そんなマゾヒスティックなあなたはいっそのことホモになってみたらどうですか?と言う婉曲的な嫌がらせにしか感じないものだが、こう言うのが、実際に、社会学系の私が朝鮮カルトだと思っている学者の派閥だと考えている。

 

いや、冗談じゃなく、例えばフェミニストなんてのは、エスニックの中で育つ白人の血が入った女性を助けたいという熱烈なレズビアンの行動として動物行動学みたいに遠くから観察すべきじゃないかとすら思う。

 

それくらい、奇異で金にならないことはやらない人間の一種でしか無いのだ。子減らししたいか、出来の悪いのは早く消したいと考えたがるのが、マンモス国家に憧れるお上なので、精神科医ですら、普通は性の悩みには絶対に相談に乗らない。無言で投薬し続け、黙殺するようだ。生存競争に負ける奴の話なんて絶対に聴かないというわけだ。

 

人間も神経ストレスとホルモンの撹乱でメス化したりする程度の生物なのだ。助けるよりも壊して観察したい奴もいる。生き馬の目を抜く東京都とは、もし自分が東京都にとって敵だと思われているなら、そう言う目に合わされて思い知らされる結果になるところだと思う。

 

慈恵第3病院の臨時の外科医か、あるいは近辺の米系マフィアの犯罪か、判別はつかぬが、具体的に何か悪さして来る。医者であれば前立腺に直接薬物塗布か(近年禁止されたかも知れないが)、米系マフィアであれば、遠隔的な生理機能の持ち上げを電磁波によって。

 

これが男女同権の世界の実態。

 

だが、ポルノを覗き見ると格闘家風の声を使って、コクだの、カクだの街路で言っていたりする。そして、道々、文句を言い返したりしていると、白人の女とは結婚できない!などと自室で脳裏に聴かせてくることもある。25年前から、嫁にするのが嫌で仕方ないのが白人至上主義者なのにどうしてだろうか?

 

昨日は、偶然にして足早にすれ違って行った老夫婦など、女性側がキエス!と言ってパチパチ手を叩いて私の横を通り過ぎた。

(おそらく、消す!と発話しても根拠が無いし、明らかな脅しなので、日本語じゃなくなってしまったのじゃないかと疑っている。)

 

今朝だったか昨日だったかも、あの上野千鶴子の支持者風の人が横断歩道の対岸に居たので、避けて停止線ぎりぎりまで横に歩いて渡ったら、別の方角に、シツコイよー!とか言いながら歩いて遠ざかる短髪の若い主婦などが居た。いわゆるカルト系の人だと思ったがどうだろうか。

カルト教団は美術への興味を諦めない好ましくない人物を愛人関係で潰す傾向があると見ている。そして女癖と美術への嗜好癖を結びつけて、西洋コンプレックスにスライドし、自殺しないかと狙うと私は見ている。)

 

こういうのはすべて感情のカオスだ。私に何か言い返さないと気が済まないくらいあちらも軽く発狂しているのだ。私も頭に来るからここに書いたりもしているが、街路では、ほとんどは、この手の小さな感情のカオスを起すべく狙った鏡返し的なターゲットの行動のあべこべなやり返しや見せつけ、また侮蔑などが多い。

 

もう、二十年くらいはそんなだし、確実に10年はそうだと言える。2007年から音声送信が顕著になり、そしてようやく静まった最近は、散発的な対岸や街路の野次だが、睡眠時間を管理されているかのように、深く眠りはじめると一方的な擬似会話風の野次で起される。睡眠に関して彼らは共産主義者だと感じる。これは継続していて、散発的ではない。

 

軍隊なら軍隊と名乗るべきだ。軍隊に見えても喧嘩腰で文句を言い放っているが、アメリカ軍に勝てるわけが無いとそれらしく会話する若者が通り過ぎるまでは、何故か自室では、ロシア人だ、日本のヤクザが中東系の一部を焚きつけてフランスを襲わせている、などと、ロシア人を認めて欲しいかのような妄言を聴かせてくる。こう言うのはあきらかな、以前に録音できたノイズの類の音声送信だと考えているけどね。

 

私は別に精神科を出たいだけで、汚名を撤回して欲しいだけだ。人格の信頼が損なわれているので、仕事が限られている。キチガイと言われるのが当たり前になっているが、上記のように、カオスの連続の日常が25年は続いたと思うので、私だって時には、乱暴なことをするが、これも私なりの鏡返しなのだ。やり返すつもりは無いが、この街はこう言うルールだ。